著書

セルフガイド(アイキャッチ画像)

 

セルフガイド
幸せと豊かさの受け取りベタなあなたへ

セルフガイドWEB使用用表紙データ

生まれる前の記憶~結婚するまでの
自伝的エッセイです。

地球での生き方がヘタだった私が
どんなことに悩み
どのようにして解決してきたかを
書いています。

 

 

 

どんな内容か?

今でこそ、本当にやりたいことを仕事にでき、
プライベートも満たされていますが、
心のコアな部分が満たされない時期が
長くありました。

キッカケは、自分が何をしたいのか、
どこに向かいたいのか分からないまま
社会に出たことです。

まるで、地図もコンパスも持たず、
ノープランで大海原にポツンと一人
浮いているような感じでした。

当時、ご縁のあった仕事をするものの
なんだか満たされず、
やりたいことができていないという焦り、
居場所がないという不安にかられるばかりで
その結果たくさんのものを失いました。

一番のしくじりは、自分一人の力(独力)で
なんとかしようとし過ぎたことで招いた
「The 依存」です。

あらゆるものにすがり、自分を見失い、
自分の人生を他人に託してしまい
完全に人生迷子。

自分で招いたとはいえ、情けない末路です。

 

しかし、そのおかげで
「このままでは人生終われない!」という
魂の叫びに気づくことができ、ひとまず正気に。

 

ただ、それ以降も無我夢中で進むものの、
どうもうまくいかなくて。

やっても、やっても、
「なんでうまくいかないの?」の連続でした。

 

だけど、自分を諦めなくてよかった
今は思っています。

すべての原因が『自分』だと気づいた時は
「なんだ!もっと力抜いて生きて大丈夫じゃん!」
と安堵し、謎の焦燥感から解放されました。

万歳女性

 

 

実は幸せになることが怖かった

人生のあらゆる悩みから解放された時

  • 私は幸せになっていい
  • 私は経済的に豊かになっていい
  • 私は愛されていい

 

という「許可」を私は自分に出していない
ことに気づき

  • 人間関係から得られるよろこび
  • 経済的な豊かさ

これらの流れにストップをかけていたのは
自分だったんだ…

私、幸せになることが怖かったんだ…

『なんて私は幸せや豊かさの
受け取りベタだったの~』と驚きました。

woman_surprise

しかし、これは私だけに限ったことではなく、
これまで10年間カウンセリングさせていただいた
お客様の深層心理も同じでした。

人は幸せになりたい!
救われたい!と思っています。

だけど、実は幸せになることが怖く、
「幸せはいらない」と心の奥深くで
拒否しているのです。

pose_ng_woman

それでは、心から望むものや
あなたの想いは形になりません。

そこで、この本を通して
仕事もプライベートも潤うキッカケに
していただけたらと思います。

 

Amazonから絶賛発売中

※パソコンからですと「なか見検索」で
本文を少し読むことができます。

 

 

どうして本を書いたのか?

なぜか昔から私は、漠然と
自分の人生を綴った本を
子どもと孫に渡したいと思っていました。

地球の旅路で困った時に、
お母さんは……、おばあちゃんは……、
こんな失敗をしたよ。
こうやって乗り越えてきたよ。
こんな人生もアリだよと、何かヒントに
なるかもしれないという想いからです。

そんな折、出版社の方から
オファーをいただきました。

 

そこで、出版社の方にどうして
私に声をかけてくださったのか
聞いてみました。

眞鍋さんのブログに書いてある
「幸せと豊かさの受け取りベタな
あなたへ」という言葉にピンときて、
声をかけさせていただきました。

幸せや豊かさの基準が多様化され、
目に見えるものや手に取れるブランド品
安定を象徴する肩書きなどに
価値を見出そうとするものの、
なかなか上手に生きられない方が
多いのが現状だということで、
「受け取りベタ」という表現に
ピンときたのだと思います。

物があふれて豊かなのに、
なぜか幸せを感じられない理由が
「受け取りベタ」というキーワードに
つながると思っております。

また、テレビ番組・しくじり先生の
ような本をつくりたかったので、
眞鍋さんのしくじりエピソードが
ピッタリだと思いました。

担当者より

 

 

ヒントにもなるし
反面教師にもなる本

人生に迷った時、人の人生を知って
「こんな生き方もあっていいんだ」と思えたら
少しはラクなのかなと。

少なからず、私はそうでしたし、
お客様を見ていてもそう思います。

 

まあ、正直、墓場まで
持っていこうかなという
エピソードもあったんです(^^)

でもね、もう解禁!

それが誰かのお役に立てたらいいなと思うし、
私のずっこけ珍道中を笑いのネタにしてもいいし、
「眞鍋さんバカだな~。
こうならないようにしよう」と
反面教師にするもいいです。

 

夢も目標もなかったわたし。

自分に自信がなくて、嫌われたくなくて、
全然大丈夫じゃないのに大丈夫な振りをして

生き方も働き方も迷子になった私がいたから
伝えられることがあるかもしれないと思い
執筆させていただきました。

私が経験してきたことが必要な方に届き、
ご自分の道を選ぶヒントになったらうれしいです。

 

Amazonから絶賛発売中

※パソコンからですと「なか見検索」で
本文を少し読むことができます。

 

 

仕事もプライベートも潤う

今回出版した本には
まだ書いていないエピソードもありますし、
大人の事情で書けない内容がありました。

それは直接お会いした時にでも
お話しますね!

 

 

そして、最後に・・。

私は人生ずっこけました。

しくじりました。

だけど、そのおかげで
できないこと・不得意なことがある
凸凹した「飾らないいびつな自分」が
大好きになりました。

この本をきっかけに、
仕事もプライベートも潤う人が増えますように。

mmhm