あなたを悩ますインナーチャイルドとは

あなたを悩ますインナーチャイルドとは

インナーチャイルドの解説。

 

インナーチャイルドとは
「内なる子」と訳される心理用語で

幼い頃、親または周りの人たちとの関係で
傷ついたり、
自分の本当の気持ちを抑えたり、
周りの人たちに合わせようとしてきた
消化不全の感情 を指し

子ども時代があった人にはもれなく
インナーチャイルドが存在します。

インナーチャイルド

 

例えば、兄はいつも誉められ、
弟はいつも認められず叱られてばかりと
いうような環境だったとすると

いつも誉められて育った兄は
自分に自信を持って堂々と人生を
歩くことができます。

認められずに育った弟は
子ども時代の劣等感が抜けず、
社会に出ても「誰にも認められない」という
思い込みが人生に大きく影響してきます。

何をしても満たされない、というような
欠乏感が常につきまとう人生。

幼い頃の些細な出来事によってとても傷つき、
その傷ついた心を守ろうと
どんどん本来の自分から外れた生き方を
していくことが多いようです。

このように、私たちは大人になってからも
ほとんどの人が傷ついた
インナーチャイルドと同居したまま
日常生活を送っています。

子どもの頃の記憶をはっきりと思い出せなくても
自分の心の奥底にずっと残っています。

cry_girl

 

そして、インナーチャイルドは
気づかないうちに動き出し、
自分や他者を傷つけてしまうことがあります。

たとえば、
相手をコントロールしようとしたり
完璧な相手を求めて落胆したり
見捨てられる感覚を必要以上に感じたり
恐怖感、不安感、怒りの感情に
なぜか振り回されたり

恋愛関係では、相手に依存したり
問題のある人を世話することになるなど

愛されたい、認められたい、
安心感を得たいという想いを満たそうと
同じような体験を引き起こし
葛藤や混乱状態を作り出すのです。

love_couple_bad

 

「愛される」ことを求めて
自分の感情や他者に振り回されたり
相手に依存したりすることは大変つらいです。

さらに、インナーチャイルドは
あなたが子育てをするときも影響を及ぼすので

次世代の子どもたちが
安心して子どもでいられるように
インナーチャイルドを癒して
これからもっともっと
心底安心して生きていくことができる
大人が増えるといいなーと思います☆