あなたはどんな夫婦になりたいですか?

woman-car

20代後半、わたしは結婚を考えるようになりました。

その際、真っ先に考えたことは、
子どもがほしいとか
あたたかい家庭にしたいなとかではなく
「どんな夫婦になりたいか」でした。

 

 

自分の在り方を考える

「どんな夫婦になりたいか」の前に
まずは「自分がどう在りたいか」を考えました。

pose_hatena_woman

まずが現状把握から

<一人暮らしのわたし>

  • 家事は正直、面倒くさい
  • 掃除はほどほど
  • 洗濯物は干しっぱなしでも気にならない
  • 洗濯物を畳み・収納するのも気が向き次第
  • 食事は夜ご飯を週に3~4回作る程度
  • いわゆる朝ご飯は食べないで、10時くらいに何かをつまむ
  • 昼ご飯は14時くらいに買って食べるか、お店に行くか
  • 朝はゆっくり寝ていたい

 

その後、自分の心と向き合いました。

<わたしのぶっちゃけた希望>

  • 今まで通り仕事したいな~
  • 家事は気が向いたらでいいな~
  • 一人暮らしの気ままなペースをできれば崩したくないな~

 

<わたしの心の独り言>

  • 二人暮らしになった途端、毎日家事することがあり得ない
  • 夫も働いてお金持ってるから、私が料理作らなくても大丈夫よね?
  • 一緒にいたいから結婚するのに、家事するために結婚するわけじゃない。
  • わたしが家事をしなくても平気な人(夫)がいいな~
  • 自然と家事する回数が増えるときは増えるし、減るときは減る。
    自然のままでいっか!
  • 家事は誰がやっても同じだな

 

このように一人黙々と考えを整理した結果、
「一人暮らしのとき同様、気ままな家事をしよう」と
決めました。

結果、結婚してどうなったかというと・・
気ままなわたしを自由にしてくれる夫と出会い

やってもいいよという人が
やりたいときに、やりたい分、家事する

というペースで我が家の家事は回っています。

 

 

二人で10じゃなくて
二人とも10がいい

次は「夫婦の在り方」について。

どういう夫婦になりたいか?

という自問に

二人で10じゃなくて
二人とも10がいい

という答えが思い浮かびました。

 

 

幼い頃から、どうも大人たちが
我慢しているように見えていて・・

「どうして10を二人で割っているの?」と
疑問でした。

確かに「夫婦というペア」なんだけど・・
お互いに本領発揮したらよくないかな?が
幼い頃からの本音です。

 

それが理由で、自分が
「どんな夫婦になりたいか?」を
考えた時にでた答えが、
「二人とも10がいい」でした。

どちらがいいとか悪いもなく
やりたいことや得意なことを活かした対等な関係

それが、二人とも5:5で
そこから10:10になり、20:20になり。

前述の「二人で10」という考えは
出てきませんでした。

 

 

好かれる努力をやめた

  • 一人でも楽しくキャンプできるけど、
    二人になったらもっと楽しいよね!
  • お互いがやりたいことや得意なことを発揮し、
    協力して家庭運営を楽しみたい

これがわたしの理想でした。

 

なので、それ以来わたしは自分の考えをもとに
好かれる努力をやめて
得意・不得意を協力できる夫婦関係を創りました。

 

 

「あなたはどんな夫婦になりたいですか?」

妄想でもいいので考えてみてくださいね。

 

 

 

眞鍋 舞

あなたを悩みやストレスから解放するココロの専門家。高校教師(理科)を経て、セラピストの道に入り2007年に起業。10年間で5000名以上のカウンセリング経験あり。自身の人生迷子&働き方迷子の経験から、日々、心のお手入れをする必要性に気づく。「自分を幸せにするのは自分」をモットーに、自分で自分を悩みから解放し、仕事もプライベートもうるおう人を増やしています。