あなたはどんな夫婦で在りたいですか?

woman-car

20代後半、
わたしは結婚を考えるようになりました。

その際、真っ先に考えたことは、
子どもがほしいとか
あたたかい家庭にしたいということではなく
「どんな夫婦で在りたいか」でした。

 

 

自分の在り方を考える

「どんな夫婦で在りたいか」をはじき出す前に
まずは「自分がどう在りたいか」
考えました。

pose_hatena_woman

まずは自分の現状把握から

<一人暮らしのわたし>

  • 家事は正直、面倒くさい
  • 掃除はほどほど
  • 洗濯物は干しっぱなしでも気にならない
  • 洗濯物を畳み・収納するのも気が向き次第
  • 食事は夜ご飯を週に3~4回作る程度
  • いわゆる朝ご飯は食べないで、10時くらいに何かをつまむ
  • 昼ご飯は14時くらいに買って食べるか、お店に行くか
  • 朝はゆっくり寝ていたい

 

次に、自分の心と向き合いました。

<結婚後のぶっちゃけた希望>

  • 今まで通り仕事したいな~
  • 家事は気が向いたらでいいな~
  • 一人暮らしの気ままなペースをできれば崩したくないな~
  • 要は、ストレスになることはしたくない

 

 

そして、これらを踏まえて
さらに<わたしの独り言>としては

  • 二人暮らしになった途端、毎日家事することがあり得ない
  • 夫も働いてお金持ってるから、私が料理作らなくても大丈夫よね?
  • 一緒にいたいから結婚するのに、家事するために結婚するわけじゃない。
  • わたしが家事をしなくても平気な人(夫)がいいな~
  • 自然と家事する回数が増えるときは増えるし、減るときは減る。
    自然の流れでいっか!
  • 家事は誰がやっても同じだな

 

このように一人黙々と自問自答した結果、

『一人暮らしのとき同様、
 気が向いたときに家事をしよう』

『ストレスになることはしない』と決め

さらに

『むしろ「あなたは家事をしなくてもいいよ」と
 言ってくれる男性がいい』と欲張りな願望を
わたし専属のmy神さまにオーダーしました。

kamisama

まあ、それくらい
わたしにとって家事がネックでした。

だってね。

子どもの頃から
『どうして女の人は結婚したら
急に家事をしだすんだろう?』と
疑問だったんです。

『実家にいたときは大して家事しないのに
結婚したとたん・・
なのに、旦那さんが家事をしないと愚痴る・・
やりたくないなら、やらなきゃいいのに・・』

子ども心に思っていました。

figure_question

 

 

「2人で10」じゃなくて
「2人とも10」がいい

自分の在り方を把握できたところで
次は「夫婦の在り方」を考えました。

「どういう夫婦で在りたいか?」という自問に

2人で10じゃなくて
2人とも10がいい

という答えが思い浮かびました。

 

 

幼い頃から、どうも大人たちが
我慢しているように見えていて・・

ふたりで10

確かに「夫婦というペア」なんだけど・・

どちらが主導権を握るか
陣取り合戦しているような気がして・・

お互いに本領発揮したらよくないかな?が
幼い頃からの本音です。

 

このような理由で、
自分が「どんな夫婦で在りたいか?」を
考えた時にでた答えが、
「2人とも10がいい」でした。

ふたりとも10

 

どちらがいいとか悪いもなく
やりたいことや得意なことを活かした関係
それが「2人とも10(10:10)」であり、

さらに20:20へパワーアップもできる在り方を
わたしは望みました。

 

 

在り方を望んだあとは
リラックス

それ以来わたしは自分の考えをもとに
好かれる努力をやめて
肩の力を抜いたニュートラルな自分で
人と出会っていきました。

その結果、気ままなわたしを
自由にしてくれる夫と出会い

man03_smile

『家ではリラックスしてほしい』

『ストレスになるくらいだったら
家事はしなくていい』

というを言葉をもらいました。

 

そして、現在は

世間のチカラを上手に借りながら
やってもいいよという人が
やりたいときに、やりたい分、家事する

というペースで我が家の家事は回っています。

 

振り返ると、彼氏もいないのに
よくもまあこんなことを考えたな~と思いますが
考えてよかったです。

あなたはどんな夫婦で在りたいですか?

妄想でもいいので「在り方」を
考えてみてくださいね。

そして、望んだあとはリラッ~クス!

リラックスして余白をつくれば
自分が思っている以上のことが
舞い込むかもしれません。