病気や体調不良は休むことへの罪悪感からきている

sleeping-dog

2週間ぶりのメルマガ。

三連休の最終日に夫と仲良く風邪をひき

翌日、夫は会社を休み
『今日で風邪を終わらせよう!』と
二人で寝てました。

「食べて、寝て、排泄して」

我が家の猫と同じように
この3つだけに集中!

すると、宣言通り
翌日には元気モリモリ
回復することができました。

 

休むことに罪悪感を抱きやすい日本人。

わたしたち夫婦も
「休みたい」という願望を
体に代弁させてしまいました。

体に代弁させることは
悪いことではありませんが、
できることなら健やかに暮らしたいもの。

ということで、今回は
【体調不良と心】というテーマで書きました。

 

 

病気や体調不良は
休むことへの罪悪感からきている

わたしたちが健やかな体のバランスを
崩してしまうとき、そこには必ず
隠された「主張=サイン」があります。

たとえば、風邪。

わたしたちは、ふとした拍子に
風邪をひきます。

そんなとき、わたしたちの
心の奥底には「休みたい」という
サインが存在します。

逆を言えば、「風邪をひかないと休めない」
という思い込みが、
わたしたちの心の中にあるということです。

 

本来、休みたければ
遠慮することなく休んでいいはずなのに

多くの人が
『自分が休むと周りに迷惑をかける』
『休んだ分、仕事が遅れる』
『怠け者だと思われてしまう』などの
思い込みによって葛藤し、休むことができません。

つまり、自分の気持ちをいつわり、
正当化するために
「休むことへの罪悪感」を持ち、

さらに、それを埋め合わせするために
風邪をひくパターンが多いのです。

kaze_woman

▲休みたかったので、風邪をひいてみました・・

 

まさに先週、わたしはメルマガを
書こうか書くまいか迷ってました。

ネタが決まらないという理由もあったのですが、
『今週は休みたいなー。
休んじゃおうかなー』という思いも
あったことは確かで・・。

で、迷っている間に
まんまと風邪をひくことで、
思いを成就させました(させてしまいました)。

woman_tehe

 

自分をいじめないで!
自分を愛して!

体調のどこを崩すかによって
「主張=サイン」の細かい部分は
変わってくるのですが

もし、あなたが病気や体調を崩したときは
あなたの体と心から
『自分をいじめないで!自分を愛して!』
という声が発せられています。

body_i_bad

なので、そんなときは
薬や医療にお世話になるところは
お世話になりながら

あなたの生活習慣やものの捉え方・
考え方のクセを見直すことも必要。

 

  • 思い切って今日一日何もしない!
  • 今日と明日は残業しない!
  • 30分でもいいから早く寝る
  • 思いついたことを辞める・始める
  • 誰かに頼っちゃおう!

100%休むことができなくても
できることからやれるし

結果、それが
あなたの仕事もプライベートも
うるおうことに繋がります。

 

体調不良別の細かなサインを書いています。

まだまだ記事が少ないのですが
参考までにどうぞお読みくださいませ。

https://selfguide-academy.com/?cat=37