自分に自信がない人へ★おすすめワーク!自信は「持つ」のではなく自然と「溢れる」もの。

fitness-jump-health-woman2

「嫌われたくない」と聞いて
あなたはどんな気持ちになりますか?

私のことだ!と感じた?

なぜかドキドキする?

 

わたしがセッションで
たくさんの方のお悩みを
聞いていてよく思うこと

それは・・

嫌われたくないという心理は
ほとんどの方の深層心理で
うごめいており、その原因は
「自分に自信がない」ということ。

 

・自分の本望でないことを選んだり
・断る勇気がなかったり
・自分の思いを言葉にできなかったり
・弱音が吐けなかったり
・人と比べたり
・必要な行動がとれなかったり

悩みを突き詰めれば
「自信がない」にたどり着きます。

 

 

自信は持つではなく、溢れるもの

私も以前は自分に自信がない人でした。

おかげで、お金も仕事も失って
危うく家なき子になりそうで。

落ち込みもしたけど
ははぁ~ん と呆れて失笑。

そこから試行錯誤しながら
セルフガイドした結果、
現在の私ーーー
自分に自由を感じながら
過ごしています(^^♪

 

その道のりで感じたことは・・

自信は持とうと思って
持てるものではないということ。

自信というのは
気づいたら持てる・・
というか、自然と溢れるものです。

 

 

どうしたら自然と自信が持てるようになるのか?

自尊心を育みます。

自尊心とは・・
あるがままの自分を尊重し
受け入れる態度。

自分にたくさん
「〇(マル)」を出してあげること。

マルが多いと、今を安心して
生きることができるし、
夢を実現するためにも
重要な基盤なのです。

 

そもそも私たちは自分に対して
いっぱい「×(バツ)」を
つけていて、それがストレスや
悩みの源になっています。

だから、それ以上わざわざ
バツを増やさなくていいですね。

ネガティブに感じる自分と
遭遇しても「こんな自分がいた!」
と知るだけでいい。

自分を責めても
責め続けなくていい。

 

だから、今日から
この言葉を自分に言ってみては
いかがでしょう?

 

「今日の私、がんばった!」

 

ポイントは「今日の私」。

人とも比べず
昨日の自分とも比べず
ピンポイントで
「今日の私」を褒める。

会社に行っただけいいじゃない!
洗濯物干しただけいいじゃない!
メルマガ一通出しただけいいじゃない!
(これ私か・・笑)

そんな今日を生きた自分にマル!
二重マル~!

 

さらに、このセリフに私は
感情を込めます。

「あぁ~。今日の私がんばったわ~。
本当にがんばったよね~。
すごくな~い?すごいよね~。
えらいわ~」

 

何をがんばったか探さなくていいです!
そのへんすっ飛ばして
今日一日、地球にいた自分を
無条件で褒めます。

布団の中、お風呂の中
あなたが言いたいときに言って
今日を締めくくります。

 

『自尊心は一日にして成らず』

自信を持つのではなく
自尊心を育みます。

 

 

 

眞鍋 舞
高校教師(理科)を経て、セラピストの道に入り2006年に起業。10年間で5000名以上のカウンセリング経験あり。自身の人生迷子経験から心の手当て・お手入れの重要性に気づく。「自分を幸せにできるのは自分」をモットーに、自分で自分の心をお手入れできる人を育てています。